トップページ 会社概要 製品情報 お問い合わせ アクセスマップ

トップページ  >  はじめての母乳育児

はじめての母乳育児

  はじめての母乳育児  
     
  母乳育児ってどんなことをするの?  
     
  ママと赤ちゃんの絆  
 

温かく抱かれたママの胸の鼓動、やさしい抱っこの皮膚の感触、美味しいおっぱいを感じる味覚、語りかける声。
赤ちゃんはおっぱいを飲んでいるときには五感を全部使っています。

新生児の体重のおよそ19.7%が皮膚の重さです。
おっぱいをあげることにより、赤ちゃんの感覚器官のたくさんの部分を刺激してあげることができるのです。
そして、おっぱいを飲んでもらうことによるママのおっぱいも楽になり、赤ちゃんも、おっぱいが「心の杖」のように、
心がやすらぎます。

お互いが心地よいと思えるママと赤ちゃんの絆を「母子相互作用」といい、今後の赤ちゃんの育ちにとても大切です。

» 前のページに戻る

 
     
  産前からのケア  
 
 

赤ちゃんが生まれる前から、乳首をやわらかくするケアをしておくことにより、
乳首や乳輪が柔らかくなり、赤ちゃんはおっぱいが飲みやすくなります。

かかりつけの医師や助産師と相談して、妊娠が安定してから妊娠36週まで
にはおっぱいのケアを始めるとよいでしょう。
乳首を軟らかくして、赤ちゃんが吸いやすい状態にするために、「オイル湿布」
がおすすめです。

化粧用コットンに、「ピアバーユ」、「ランシノー」などの天然オイルをぬり、
乳首にあてます。 その上からそっとブラジャーをつけます。
オイルがしみてくるのが気になる方は、コットンがかぶさるくらいの大きさの
ラップでカバーします。

 

お風呂に入るときははずし、入浴後にはまた新しい物と交換してください。
おなかの張り気味の方にもオイル湿布は刺激を与えないケア方法の一つです。
会陰部をやわらかくするための会陰マッサージに抵抗のある方 (出来ない方) にもこのオイル湿布は
おすすめです。

陥没扁平乳頭の方は、妊娠中のケアのやり方を参考に、乳輪部を上から押すように繰り返します。
3)の指を合わせる動作はしなくても結構です。

妊娠中に体調不良・異常が無い方は、乳頭補正器「プチパット」を1日30分からはじめると赤ちゃんが
吸いやすい乳首になってきます。
乳頭補正器「プチパット」を装着するときも「ピアバーユ」、「ランシノー」などの天然オイルを乳首・乳輪部
まで塗っておくと良いでしょう。

(ご注意 : 必ず掛かりつけの専門医・助産師さんにご相談ください。)

● 妊娠期のスキンケアについての情報は、こちらから。

» 前のページに戻る

 
     
  妊娠中のケアのやり方  
 


 
 

» 前のページに戻る

 
     
  産後からのケア  
 

赤ちゃんが上手に乳首に吸い付けない原因は、乳輪部が硬いためのことが
多いようです。 妊娠中のケアと同じケアを1日8回、1回3分を目標に行います。

はじめての授乳で乳首に痛みや傷ができた、乳輪部が硬くて赤ちゃんが
吸い付けない間は、乳頭保護器の「ママニップル」や「ママニップルガード」をつけて、乳頭への刺激をします。

 
 

赤ちゃんが吸い付いてくれないようでしたら、母乳が出る方は少量の母乳を、 母乳が出にくい方はミルクを器具の中に入れて、においや味で、吸てつ刺激を導いてもよいでしょう。

母乳は足りないだけでなく、出過ぎることで悩む方もいらっしゃいます。 おっぱいが赤ちゃんが飲む量よりも多く作られて、
飲み残しがあって張って痛い、しこりなどができることがあります。

飲み残した部分を軽く押しながら飲ませます。 授乳後に、乳首への刺激をあまりせずに、飲み残したおっぱいを搾乳することもよいです。 理想は、しぼらず、赤ちゃんが必要な量だけ出るおっぱいです。

» 前のページに戻る

 
     
  母乳育児のメリットとデメリット  
 

【 メリット 】

1. 免疫をあたえる

2. 愛着の形成
  赤ちゃんはおっぱいを飲んでいるときに、とっても幸せそうなお顔をしています。
  そのかわいいお顔をみているとママも幸せな気持ちになります。
  ぐずっているときでも、おっぱいがあると、赤ちゃんの心が落ち着きます。

3. 子宮がん、乳がんのリスクを減らす

4. あごの筋肉の発達

5. 感受性豊かな味覚の形成
  母乳はママの摂る食事によって、毎日味が異なります。様々な味にふれることができます。

 
     
 

【 デメリット 】

1. 飲み過ぎてしまう
  泣いたらあげるを繰り返すと過飲症候群(飲み過ぎて、寝付きがわるい、手でおっぱいをたたく、すぐに口を離す、
  足でママのお腹をけるなどは赤ちゃんからのサインです。

2. 哺乳瓶をうけつけない
  ママ一人での外出は、授乳の間隔内2〜3時間であれば、できます。 離れる時間が開くようでしたら、
  コップやスプーンで少しずつ飲ませます。

 
 

» 前のページに戻る

 
 

PAGE TOP

 
  母乳育児中に出会うこと  
     
  おっぱいの手入れ  
 

飲み残したおっぱいが溜まらないように、おっぱいの動きを良くしておき、乳首も軟らかく吸いやすい状態を保つようにします。

 
 

1. おっぱいを両手でもって揺らします。

2. おっぱいの土台の部分(基底部)の周りを、指3本で
  くるくると円を描くようにマッサージを2周。
  硬い部分があれば、その部分を外側から乳首の方向へ
  向けてさすったり、押しながら赤ちゃんに飲ませます。
  乳首の水疱・亀裂などがあるときは、「ピアバーユ」、
  「ランシノー」などの天然オイルを、たっぷりと乳首に塗ります。

» 前のページに戻る

 
 

● おっぱいが張って痛い時、おっぱいの血行を良くしたい時の情報はこちら

 
     
  食事  
 

食事が直接的な乳腺炎の原因にはなりにくいのですが、ママの体質に大きく関係します。
冷え性の方は、乳腺がつまりやすく、トラブルも起こりがちです。

身体を冷やさない食事として、南国のフルーツや、冷たい飲み物や食べ物、砂糖は控えめに。
また、油脂は、乳汁の中の脂肪分を固まらせ乳腺がつまりやすくなります。

バターやひき肉系のお料理、乳製品をたくさん食べるとおっぱいが張りすぎて痛くなることがあります。
デニッシュ系のパンはやめ、ハード系のパンにしたり、牛乳、ヨーグルトやチーズは控えめに。
海藻や根菜類は身体を温めます。 わかめのスープ、根菜中心の具だくさんのお味噌汁や煮物がおすすめです。

» 前のページに戻る

 
     
  さく乳ってどうするの?  
 

さく乳はどんな時にするかというと、赤ちゃんが生まれてすぐに、NICUに入院した時、乳首の形が大きいや小さいなどで
赤ちゃんが上手に飲めない時、乳首に傷ができて直接吸わせるととても痛い時、 吸ってもおっぱいの奥から十分に吸って
くれない時などです。

搾り方は、手搾りと器械で搾る方法があります。 できれば、さく乳器を使わず手で搾るのがよいのですが、さく乳が長く続くときなどは、さく乳器などを使った方が 楽に早く搾れるという方もいらっしゃいます。

さく乳時間は15〜20分くらいで、苦痛のない程度に。 時間によって、たくさん搾れたり、あまり搾れなかったり、量に差が
ありますので、毎回ml搾ると決めない方がよいでしょう。

 
 

搾る回数は、赤ちゃんが吸っているのと同じ回数搾ると、
直接吸わせるときに楽です。

ただし、休息も大事ですので、無理はしないように。
さく乳は24時間は冷蔵庫で保存します。
冷凍では約3週間です。

哺乳瓶などに搾ってから、「冷凍母乳バッグ」などに入れて、
直接母乳バッグに入れる方法もあります。
飲ませるときには、冷凍バッグに書いてある方法で。

 
 

● 冷凍母乳バッグについては、こちらから
● さく乳器から直接母乳バッグに保存する方法は、こちらから

 
 

» 前のページに戻る

 
     
  卒乳について  
 

卒乳は子どもが決めるのがいちばん自然なことです。
ユニセフ/WHOによると世界の卒乳平均年齢は4.2歳だそうです。
子どもが欲しいといえばあげて、いらないならあげないという自然の考えでよいと思います。

「自然卒乳」とは、子どもが成長して自ら離れていくことです。
少しずつ離れるので、おっぱいが張って抱っこもできない位痛い、子どもが無表情になって目を合わせないなどということが
ないのです。

自然卒乳のきっかけは様々です。 ゆっくり待ってあげられたらいいですよね。
保育所に通うようになっても、昼間ママと離れている落ち着かない気持ちを、おっぱいを飲むことで落ち着かせることが
できます。

しかし、どうしてもおっぱいをやめないといけない時もあるかと思います。
その場合は余裕がある時は1か月くらい前から、やめる日に向けて、こどもにいい聞かせをしていきます。
そして、カレンダーに印をつけて、毎日カレンダーの日にちを消していきます。

子どももだんだんあきらめてくるようです。 これを「言い聞かせ卒乳」といっています。
おっぱいは張ってきますので、授乳していた回数よりは少なく搾っていきます。
最終的には搾らなくても張ってこなくなります。
いつかは自分から離れていくおっぱいですので、できれば、満足するまであげてほしいものです。

 
  おっぱいだけで育てる10か条  
 

» 前のページに戻る

 
     
 
授乳用品へ   製品情報へ
 

PAGE TOP