2010年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            


カテゴリ別新着記事
● 新着記事
● kaneson セミナー

記事の書庫
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年01月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年03月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年04月
2011年03月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月

記事詳細 [一覧表示へ]
扁平・陥没乳頭について カテゴリ: 投稿日:02月02日(火) 17:03


ここ数年、乳首が短くてとか・・・扁平乳頭や陥没乳頭で、授乳が不安・産後授乳困難ということで、なんとかなりませんか?といったようなお問い合わせが増えてきました。

扁平乳頭は、乳頭が乳輪と同じくらいの高さで出っ張っていない状態の乳首のタイプ。
陥没乳頭は、乳輪部よりも陥没している状態の乳首のタイプのことです。

最近では、若い女性に多くなってきているとの報告も聞かれたりしますが、
将来的に授乳困難になりそう・・・衛生面などの不安も気づいているけれど、どこにどう相談していいのか分からなかったなど、悩みを抱えたまま妊娠〜出産に至ったケースが多いようです。

そんな現状を耳にし、母乳育児応援企業がここで立ち上がり商品開発をせねば!という心意気の基、乳頭補正器の商品開発がスタートしました。
メディカル担当者が日本全国を駆け回り様々な症状をリサーチし、開発担当者とのミーティングやモニターを試行錯誤を繰り返しながら『プチパッド』乳頭補正器を作り上げました。

『プチパッド』乳頭補正器は、柔らかいシリコーンゴム製で、お肌にやさしい使用感です。プチサイズなので、装着したまま日常的にケアができます。
妊娠中にご使用の場合は、必ず専門医・助産師のもとでの使用となりますが、それ以外の方は、妊娠出産に関わらずお使いいただける商品です。
ご不明の場合は、弊社お客様窓口までお問い合わせいただけるとご質問にお答えいたします。 
祝日を除く月曜〜金曜 9:30〜17:00 06-6928-3199         
ホームページでも商品詳細は、ご覧になれます。

今回、新商品発売を記念して、一般モニターを募集することになりました。
モニター条件については、まずカネソンモニターにご登録ください。
追って条件などをお知らせいたしますので、この機会にモニター登録をご検討くださいね。

多くのママさんにおっぱい育児を楽しんでいただけるよう、カネソン本舗は日々取り組んでいます。
今後もご意見などドンドンお寄せくださいますようにお願いいたします。





覚書URL:
コメントはありません。